HOME > Labo > ステラウィンドウ

ステラウィンドウ

ステラウィンドウとは

ステラウィンドウとは、モニター画面の向けた方向にある星空や星図を映し出すことから「星の窓」とも呼ばれる星空観賞ソフトウェアです。

膨大な枚数の高精細な天体写真を収録し、いつでもリアルで美しい星空を鑑賞することができます。普段見ることのできない「真昼の星」や「地球の裏側の星」が鑑賞できるなど、ソフトウェアならではの楽しみ方も。

画面が大きく、思い通りに向きを変えられるので、望遠鏡とはまた違う臨場感を体験できます。

特徴

  • 6軸センサーを利用した直観的な操作
  • 写真とコンピューターグラフィクスの融合
  • 美しい星野写真・天体写真の採用
  • SciAm's 10 Tech Toys 2009に選出、世界天文年セレクション応募商品
  • 国立天文台渡部潤一先生のご監修

6軸センサーを利用した直観的な操作

USB接続の付属6軸センサー(加速度x,y,z軸、地磁気x,y,z軸)が、どの方向を向いてい るか、正確に検知します。 「星の窓」を構成する必須要素の一つであり、ステラウィンドウがモバイルプラネタリウ ムとして機能するための本質的なハードウェアです。

6軸センサーを利用した直観的な操作

写真とコンピューターグラフィクスの融合

高精細な望遠鏡写真と星図データに基づく 星の位置を一致させて表示。  また、星の瞬きをコンピュータグラフィクス で再現、空気の揺らぎを表現しています。  写真よりもリアルで美麗な星空は、見飽きることがありません。

美しい星の写真・天体写真の採用

NASAやESA、HST等、世界を代表する組織やプロジェクトから写真を提供受けました。
・カラー写真(自然色)収録天体数 約200個収録
・収録天体数約6000個収録

美しい星野写真・天体写真の採用
美しい星野写真・天体写真の採用