News Release

「日本音響学会誌」に寄稿しました。

日本音響学会発行の
「日本音響学会誌75巻6号」に

当社 研究開発部 宮澤幸希が
「コミュニケーション研究におけるELANの活用~映像・音声データへのアノテーション」
と題した解説記事を寄稿いたしました。


概要:

 収録したデータに対して様々な情報を付与する「アノテーション」を行うことで、
データを一定の基準のもとで定量的に分析・評価できるようになります。
本解説記事では、マルチモーダルコミュニケーションの研究領域を広く俯瞰し、
アノテーションの方法論の分類、また支援ツールである「ELAN」を紹介しています。




    







一般社団法人 日本音響学会
https://acoustics.jp/



フェアリーデバイセズ株式会社について

 当社は「使う人の心を温かくする一助となる技術開発」をコーポレート・アイデンティティとして掲げ、VUI・VPA関連技術、音/音声認識と関連する機械学習諸分野の応用研究開発、及び対話システム・UXデザインの設計と評価に強みを持ちます。

当社の製品「mimi®」「Fairy I/O®」について詳しくは、
URL:http://www.fairydevices.jp/

フェアリーデバイセズは日本音響学会の賛助会員です。











< ニューストップに戻る