News Release

Google™ が提供するAPIによる当社「mimi®」サービスの拡充について 〜「 Google Cloud Platform™ テクノロジーパートナー」認定〜

 フェアリーデバイセズ株式会社(本社:東京都文京区本郷、代表取締役:藤野真人、以下「当社」)は、音声対話システムを構築するための疎結合なソフトウェアスタックである「mimi®」において、「 Google Cloud Platform™ テクノロジーパートナー」の認定を受けました。

 これにより、「mimi®」と Google が提供するAPIとを、組み合わせた形でご利用いただくことが可能となりました。

 この例として、「mimi® XFE」に Google Speech API に最適化されたフロントエンド処理が追加されたことにより、「mimi® XFE」が提供するビームフォーミング機能、音源定位機能、エコーキャンセル機能、発話区間抽出(VAD)機能等のオンラインフロントエンド処理と、 Google Speech API が提供するオンライン多言語音声認識機能を統合的に利用可能となります。

 他の例として、上記の例に「mimi® SRS」をさらに組み合わせて用いることで、音声認識結果に加えて、誰が発話したのかという情報を同時に得ることが可能となります。

 当社は、 Google Cloud Platform  テクノロジーパートナーとして、 Google が提供する API と「mimi®」に含まれる要素技術とを組み合わせることで、お客様が最終製品を開発する際に足りない要素技術を補い、音声対話システムを構築する上で、より網羅的で使いやすいソフトウェアスタックを提供してまいります。

 

「mimi®」 について

 高度な音声対話システムを構築するための疎結合なソフトウェアスタックです。マイクアレイ・フロントエンド処理機能を担う「mimi® XFE」、音声認識機能を担う「mimi® ASR」、話者識別機能を担う「mimi® SRS」、環境音識別機能を担う「mimi® ESR」等のコンポーネントからなり、ローカル側に搭載可能なライブラリ、もしくはクラウドAPIの形で提供されています。「mimi®」搭載製品は、累計180万台に達し、それらからのAPIアクセスは、全て弊社クラウドシステムによって処理されています。

 

フェアリーデバイセズ株式会社について

 フェアリーデバイセズ株式会社は、「使う人の心を暖かくする一助となる技術開発」をコーポレート・アイデンティティとして掲げ、音声信号処理、音/音声認識と関連する機械学習諸分野の応用研究開発、及び対話システム・UXデザインの設計と評価に強みを持ちます。これらの分野における、共同研究開発事業、ライセンス事業、コンサルティング事業、及びクラウドAPIサービスである「mimi®」のサービス提供事業を主要事業としています。

 

関連情報

Google Cloud Platform パートナーディレクトリ

https://cloud.withgoogle.com/partners/#!/partner/edit/4837756672933888

フェアリーデバイセズ株式会社

http://www.fairydevices.jp/

 

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

フェアリーデバイセズ株式会社 問い合わせ窓口 電子メール contact@fairydevices.jp

 

商標について

 Google, Google Cloud Platform 及び Google Speech API は、Google Inc. の登録商標または商標です。

< ニューストップに戻る

Archive